2017年03月10日

海外効果音の紹介

今日は海外の無料効果音サイトをちょっと紹介。

http://lasonotheque.org/(英語版:http://www.bigsoundbank.com/

こちらはフランス人のジョセフ・サーディンさんが自作の効果音を発表しているサイト。サーディンさんは2005年から効果音を作り始めて、今では世界中に自分の音を公開されてます。音を作っている際の動画が見れるのも良い勉強になります。音の使用は商用・非商用に関わらず完全に無料だそうです。サイト名に含まれる"son"という単語は確か、フランス語で『音』って意味かな。


http://vis.versilstudios.net/vsco-community.html

VERSILIAN STUDIO Community Edition 2.1.1
こちらはオーケストラ系の楽器の音が一音ずつ大量にあるサイトの無償配布版ページ。
DTMの音源に使ってもらうために配布しているそうですが、別に効果音に使っても良いと思います。ライセンスに関してはCC0(Creative Commons Zero license:著作の放棄)を宣言しているので。ただし、音源を販売して利益を得る行為は禁止されてます。あくまで創作活動に使ってください。

Raw CE Samples:3,184音、3.01GB
The "256" Pack:256音、460MB
The "50" Pack:50音:111MB

とりあえず50Packをダウンロードしてどんなものか聞いてみるのが良いと思います。

上記サイトの音を使った場合はそのサイトの知名度を広めるためLINKを貼ってください。時間があれば「海外フリー効果音を使おう!」の解説ページにも追加しますね。

フリー効果音サイトは世界中で増える一方です。喜ばしい限りです!自分もいつか使わせて貰おっと。
posted by 管理人 at 14:43| 日記

2017年02月20日

NYの音を公開しました。

http://taira-komori.jpn.org/us01.html

ニューヨーク、マンハッタンの音を中心に公開することが出来ました。良い音かどうかわかりませんが、準備〜旅行〜音の編集と2か月間くらいかけてここまで来れて良かったです。

反省点としては、次回同じようなことをするなら、行って2・3日は音を録らず現地の人と仲良くなり、それから音を録りたいです。今回は初日から焦って録音してたらあまり人と話すことが出来ず、ずっと孤独でした…。まず現地の人といろいろ話す癖を付け、それからその情報を元に楽しく音を録りに行きたいです。
posted by 管理人 at 19:28| NY旅行記

2017年02月04日

XRECODEが有料になってました

久しぶりにXRECODEのホームページを見に行ったら、無料から有料に変わってました。ですので残念ですが解説ページは削除します。

wavなどをmp3に一括変換したい場合は「mp3 一括 変換 フリー」などで検索してみて下さい。
posted by 管理人 at 11:29| 日記